正虎&輝虎の腕時計ブログ

腕時計について、思う事を容赦なく綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

相手(腕時計)を思いやれる人に、下手な相手(腕時計)との縁はない

器物百年にして魂を得る・・・

金持ちに買われ、その他多くの高級腕時計とケースに入れられてコレクションされる高価な腕時計と

貧困者に買われたものの、壊れても捨てられず、修理されながら大事に身に付けられ続けられる安物腕時計・・・

果たしてどちらの腕時計の方が幸せだろうか?

そして自分が作った腕時計だったら、どんな相手に嫁に(笑)貰って欲しいだろうか?


① 安くても高くても、カッコ良くても悪くても、とにかく時計が好き=これが本当の時計マニア。

② 高級時計は好き=単なるブランド嗜好者・・・昨今の高級腕時計ブームの主流であり、貧乏コンプレックスや自己のルックスにコンプレックスを抱いている哀れむべき人々でもある

③ カッコイイ時計は好き=(1時的な)ファッション愛好家・・・若者には多いが、いずれ性欲・食欲の減退と共に興味が無くなる(『卒業』という比喩を使う人は、このケースが多い)

④ 高機能な時計は好き=質実剛健、合理・論理主義者・・・実質、彼らが身に付けている腕時計に憧れが集中する場合が大多数。 

⑤ 安い時計は好き=単なるひねくれ者(笑)・・・経済観念自体には良識がある。

⑥ 美術・工芸品、骨董品的な感覚で好き=芸術家タイプ・・・子孫には好かれるが、実生活では変わり者。

誰でもスタートは必要に迫られる④、もしくは④を見た③で、後に①②⑤⑥と各々に分岐して行く。

当然、その過程では質に拘りながら保証も重視する④+②のような複合タイプが多数出てくるので、比較的高級な腕時計を身に着けていたからと言って、安に偏見や差別視をしてはいけない。

20350n-2.jpg
TUDOR グランツァクロノ 20350N  実売価格22万円前後


所詮は腕時計、神経質に拘る必要など無いのだが、昨今のメディアは、やたらと高級品をもてはやす風潮にある。

最近特にイラついた記事は、あるファッションサイトに掲載されていた


・・・『日本時計協会の資料を基に〇〇経済研究所がまとめた報告によれば、2011年の国内腕時計市場は4462億円。前年比111.8%と回復基調にあるとはいえ、6000億円を超えていたリーマンショック以前の水準にはまだ遠い。

 同研究所では2012年も「長引くデフレ下の影響により『安物』に飽きた若い世代の『本物志向』が広がりつつあり、20代後半から30代の一般消費者に需要が広がった」ことで市場が押し上げられたと分析している。

 ただし、売上が好調なのはスイス時計を中心とした海外ブランド勢で、市場全体の75.6%を占めている。果たして日本メーカーはどのように立ち向かっていくべきなのか』・・・


との1節。

これではまるで、安物の腕時計は『偽物』と言っているようなもの(インタビューを記事にしているだけのライター自身に罪は無いが・・・)

だいたい、若者の間で本当に本物志向が広がっているとしたのなら、なぜそこいら中の質屋にロレックスがゴロゴロ並んでいるのか?

経済的に行き詰った途端、3割程度の買い取り価格でも平然と手放せる程度の物を、いくら精神的に未熟な若者とは言え、本物志向などとは笑止千万。

そもそも、ここで取り上げられている〇〇経済研究所とやらの分析が本当に的確なら、すでにこんな状況に陥る以前に、シチズンでもオリエントでも(とっくの昔に)スイス時計など凌駕しているはずではないか?

私は自分の分析ばかり正当化しようとは思わないが(事実、専門家ではないので・・・笑)しかし、こうした歪んだ風潮が当たり前的に認識される事には絶対に我慢ならん(ちょっと大げさか・・・笑)

バブル期に大流行していた《DCブランドブーム》にしても然り、若者の間で高級ブランドが流行るのは、単に価値基準の分別が付かない未熟な若者が金持ちぶり・大人ぶって背伸びをしているだけの事。

こればかりは経験者が言うのだから間違いない(笑)



社会福祉100%の北欧諸国で1番尊敬されている職業は『超簿給』の教育者達であり、自力で金持ちになった人間など全く尊敬されていない。

さらに、若年層の貧困デモが活発な(ニート比率が日本の倍である)イギリスなどでは、金持ちは憧れ以上に軽蔑・憎悪の対象でもある。

非正規雇用率35%の日本なら、どんなに遅くとも後5~10年前後でアメリカやイギリスのようになる。

その時が来れば、自ずと本当の本物志向な若者が増え、高いだけの腕時計などバカバカしくて見向きもされなくなるだろう。

バブル崩壊を体験した若者たちが、ロレックスなど完全に無視したように・・・・・・・・・・・・・

・・・もっとも、それ以前に《Apple》が腕時計型デバイスを発表した時点で、若者の大半はロレックスなど完全に無視するだろうが(爆笑)


追伸・・・諸君、長らくご無沙汰をして大変待たせたと思うが、しばらく音楽に傾倒していて腕時計の事など全く眼中に無かった(笑)

別段、スポンサーやアフィリを付けている訳でもなく、ましてや有料ブログでもないので、許して欲しい。

ところで、稀にファンレター的なコメントを頂いて大変嬉しく思うのだが、中には「あなたと違い、私はこういう考えです」的な意見をしてくる人もいて、逆に大変面倒な時もある(当然、見つけ次第削除はしているが・・・笑)

私は自分の意見をゴリ押しするつもりはないが、私の意見に100%納得いかないなら・・・最初から読むなバカヤロー(笑)

よく考えてもらいたい・・・私はあくまでもノーマルな男である。

女性(ストライクゾーンは20代前半まで)からのコメントならともかく(笑)訳の分からない野郎からの、訳の分からない意見なんて、ウザイだけ(笑)

考え方は人其々で良いとは思うが、言いたい事があるなら自分のブログで勝手に書けば良い。

私には関係ない。

だいたい、ネットで友達なんか作ろうと思うな!(もっとも、否定意見などをして友達など出来るはずもないのだが・・・笑)
スポンサーサイト

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2013/02/23(土) 10:53:07|
  2. 腕時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<極めて信頼性の高い、メンズ腕時計売れ筋ランキング トップ10 | ホーム | 労働環境に悩む若者よ!鏡に映る相手こそ、自分をダメにする張本人である>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masatora7.blog.fc2.com/tb.php/74-4aa08f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

正虎&輝虎

Author:正虎&輝虎
以前、アメブロで『正虎のブログ』として書き込んでいましたが、アメブロ投稿が非常に不安定な為にこちらへ引越ししました。
相変わらず辛口ですが、業者ではなく、あくまでも一般の時計ファン(アフィリエイトもなし)ですので、ご容赦下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
腕時計 (63)
電子楽器etc... (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。